河马(かばちゃん)饭店

餃子作りと太極拳の教室始めました

中国といえば烏龍茶やろ? 上海報告⑤

1999年の終わりに任期が終わって

帰国後1度も訪れてない大陸

「お隣の国」(と思ってるのは日本人だけだ、と当時言われたな…)なのに遠い

任地はさすがにサッとは行けないし

さすがに素人さん連れて行けない

ディープタウンだし

f:id:aokaba2:20191128211155j:imageココです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上海までなら

佐賀空港から2時間

あっちゅう間

 

今回の

旅行の目的は
ただ

大陸に渡って
20年ぶりの中国が

どんなんか
知りたかった

 

ほんで一緒に行った友の仕事のお手伝い
中国茶仕入

 

中国といえば

烏龍茶
でしょう?みなさん
〇ントリーの濃い茶色の液体
烏龍茶

f:id:aokaba2:20191127150612p:image(サントリーホームページより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しかしながら
中国茶と言っても
種類が多ございます


伊藤園さんのページなどご参考に


http://www.ocha.tv/varieties/chinesetea_varieties/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


いろいろ知らないことばかりだった20年前(今もね)


中国に渡ってすぐ
任地派遣前の語学クラスで
先生から
「北京でお茶といえば茉莉花茶(ジャスミン茶)です」
と教えていただいた時の衝撃


ペットボトルで売っている〇ントリー烏龍茶に砂糖が入って売っている衝撃

f:id:aokaba2:20191127150358j:image(サントリーホームページより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


任地で看護師ちゃんから真剣に「茶を飲むと頭が痛くなるから飲まないほうがいいよ」と言われた衝撃


中日看護学会で訪れた杭州
西湖龍井茶のおいしさに感動して


任期終盤に
任地郊外の新開発地区にできた茶坊で
初めて茶芸
「聞香」で中国茶の奥深さを知り

http://www.tea-jp.com/tea/chaki/wenxiang/index.html(ご参考に)

 

 

 

 

 

 

 


あれから20年ほどたって
巡り巡って友と出会い
こうして二人で中国を訪れるようになるとは

 

専門的なことは
友が致すので
私は
もっぱら中国茶のステキさ
おいしさを楽しんだ


つぎは
天山茶城で出会った
お姉さんのお話
上海報告⑥へ